爪水虫の子供に飲み薬は危険?

爪水虫の飲み薬って子供が飲んでも大丈夫?

爪水虫の子供に飲み薬は危険|子供でも安心して使用できる爪水虫の薬とは?

 

爪水虫の子供に飲み薬を飲ませても大丈夫なのか調べてみました。

 

私の息子は小学5年生なのですが、子供なのに爪水虫になってしまいました。

 

爪は変色して黄色っぽく、本人はさほど気にしていないようですが、このままだと家族にもうつってしまう可能性があるので一刻も早く治療をしてあげようといろいろ調べました。

 

爪水虫の飲み薬といえば、大人の場合病院で処方されるラミシールやイトラコナゾールが有名です。

 

この二つは病院に行かなくても通販などで海外から輸入して買う事ができます。

 

ただ、共に肝臓に負担がかかる為、肝機能障害や血液障害になる恐れがあり定期的な血液検査が必要になります。

 

その上、小児への投与は使用例(有益性の方が上回る重症患者など)が限られているとの事。

 

いづれにしても、子供に飲ませるのはとても危険ですね。

 

現在、爪水虫に効果のある飲み薬はラミシール、イトラコナゾールの2種類しかありません。

 

爪水虫専用の塗り薬はどうなのか?

 

爪水虫の塗り薬で有名な、ルコナック、クレナフィン。

 

これらは病院の処方以外購入する事は出来ません。

 

爪水虫に効果が高いと言われていますが、子供への臨床試験データがない為注意が必要との事です。

 

やはり、病院に行って相談するしかないのかと思っていたら、子供でも使える爪水虫専用のジェルがあるという事を知りました。

 

クリアネイルショットという爪水虫専用のケアアイテムです。

 

病院の場合だと、毎月通う必要もあるし、完全に治るまでは爪が生え変わる半年から1年はかかるという事です。

 

それを考えると自宅でケアできるならば、私にも子供にも精神的負担が軽くなります。

 

クリアネイルショットって子供にも使えるの?

爪水虫の子供に飲み薬は危険|子供でも安心して使用できる爪水虫の薬とは?

クリアネイルショットは、まず植物由来成分の為副作用が一切ないという事です。

 

そのうえ、爪にしっかり浸透するので爪水虫の原因菌の働きを止める事ができるという事です。

 

でも本当に子どもに使えるのか心配なので、併設されているお客様相談窓口に電話で確認してみました。

 

すると、「お子様に使っていただいても全く問題ございません」との回答が得られました。

 

ホッとしました。

 

やはり子供に使う物なので、安全性は一番に考えたいですよね。

 

早速クリアネイルショットを購入しました。

 

実際使ってみると、ジェルタイプで塗りやすく子供も特に刺激を感じたりはしていません。

 

一か月後、生えてくる新しい爪はきれいな状態になりました!

 

病院に行ったとしても、すぐに爪はきれいにならず新しい爪が生えてくるのを待たないといけないので、
結局は自分で治すのも一緒なんですよね。

 

ただ、長期戦になるのでまだまだ気が抜けません。

 

その後、どうなったのかここで経過報告をしたいと思いますのでお待ちください。

 

因みに、クリアネイルショットは効果がない場合は全額返金保証制度を設けていて、とりあえず試してみるという事ができるのでとても良心的です。

 

お子さんの爪水虫を副作用もなく安全に治してあげたいと考えているのであれば、クリアネイルショットは試す価値がありますね。

 

⇒クリアネイルショット詳細

 

爪水虫の原因について

爪水虫の原因は、爪にに白癬菌という菌が住み着いてしまうのが原因です。
爪の組織を食べているため、爪水虫になると最終的には爪が変形してボロボロになってしまうのです。

 

ではなぜ爪水虫の原因である白癬菌が住みついてしまうのかというと、原因は爪周辺が非常に住みやすい環境だからです。

 

白癬菌が好む環境は、高温多湿の場所です。

 

菌類はジメジメした場所が好きですよね。 白癬菌も例外ではなく、ジメジメしていて温かい場所が好きです。足に爪水虫ができるのは、こういった理由からです。

 

靴下を履き、革靴やスニーカーなどの通気性が悪い履き物を履くと、水虫になりやすいといいます。靴下や靴の中は冬でも蒸れやすく、知らず知らずのうちに汗をかきやすい場所なのです。スニーカーを素足で履くと、足が湿っぽくなっている事ってないでしょうか?汗で足が蒸れている証拠ですよね。

 

そういった白癬菌にとって格好の場ができてしまうと、白癬菌の侵入を許してしまうのです。そして、水虫へと進行してしまいます。

 

ではその白癬菌はどこに存在しているのか?

 

これは決して珍しい場所にいるのではなく、身近な場所にいます。そして、どこにでもいます。

 

水虫は感染すると聞いた事がありませんか?

 

実は爪水虫は、身近な人が原因で感染する確率が高いのです。それが家族やパートナーなどです。家族と一緒に共有していて、菌が感染してしまう場所がお風呂のバスマットです。爪水虫になってしまった人とバスマットを共有する事で、水虫に感染してしまうのです。

 

「お風呂の後ならば、菌だって洗い流せるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、白癬菌は残念ながら洗い流すのが難しいのです。なぜなら、この菌は爪の内部に住み着いてしまうからです。

 

爪の表面ならば、固くて菌が住みにくく、洗い流す事はできます。しかし爪の内部までは洗い流せませんよね。だから通常の水虫用の塗り薬では爪の内部に成分が浸透しない為効果がないのです。